ここから本文です

アルゼンチン指揮官はシルバーコレクター?…コパ3大会連続で準優勝に

SOCCER KING 6月28日(火)12時31分配信

 PK戦までもつれ込む熱戦の末、チリ代表の優勝で幕を閉じたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016。アルゼンチン代表にとっては2015年大会に引き続きチリにPK戦で敗れるという屈辱を味わったが、チームを率いたヘラルド・マルティーノ監督自身も不名誉な記録を樹立してしまった。メキシコ紙『レコルド』電子版が報じている。

 マルティーノ監督はパラグアイ代表を率いて参加した2011年大会で、グループステージ3試合をすべて引き分け、決勝トーナメント進出後も準々決勝ブラジル戦、準決勝ベネズエラ戦をスコアレスドローからのPK戦で勝ち上がるという珍しい記録を樹立しながら決勝に進出。しかし、ファイナルではウルグアイ代表に0-3の完敗を喫し、準優勝に終わってしまった。

 一方、2015年大会と今大会ではアルゼンチン代表監督として参戦し、いずれも決勝に進出しながらPK戦でチリに敗北。同監督は3大会連続で準優勝チームの指揮官となってしまった。

 クラブの指揮官としては、クラブ・リベルタで3度、セロ・ポルテーニョで1度パラグアイリーグを制し、ニューウェルス・オールド・ボーイズの監督としてアルゼンチンリーグを制覇。バルセロナ時代はコパ・デル・レイのタイトルを獲得するなど、クラブレベルでは数々のタイトル歴を誇るマルティーノ監督だが、代表監督としては“シルバーコレクター”の地位が確立されてしまったようだ。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)13時37分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。