ここから本文です

カシージャスに代表引退の可能性…ユーロ敗退で「悲しい別れ?」と地元紙

SOCCER KING 6月28日(火)11時56分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が27日に行われ、スペイン代表はイタリア代表に0-2と敗戦。ベスト16敗退が決まり、3連覇達成は叶わなかった。

 スペイン代表GKイケル・カシージャス(ポルト)は自身4回目となるユーロ出場メンバー入りを果たしたものの、今大会ではピッチに立つ機会を得られなかった。現在34歳の同選手は今大会を最後に代表チームから離れる可能性があるようだ。同紙は「悲しい別れになる?」と見出しを掲げ、カシージャスが代表引退を決断するかもしれないと伝えた。

 カシージャスは1981年生まれの34歳。ユーロ2000でスペイン代表デビューを果たし、ワールドカップとユーロに各4回ずつ出場するなど、長きに渡って活躍している。通算出場数は「167」で、同国代表史上最多記録。ヨーロッパの代表チームにおける最多記録でもある。

 スペイン代表の黄金期を最後尾から支えてきたカシージャス。GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)が正守護神を務めたため、今大会では出場機会を得られなかった。34歳という年齢もあり、『マルカ』は「イケルの代表でのサイクルが終わりを迎える可能性がある」と伝えている。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)11時56分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。