ここから本文です

インテル移籍報道のY・トゥーレ、マンC残留か…中国から巨額オファーも

SOCCER KING 6月28日(火)13時1分配信

 マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが同クラブに残留する可能性が高まっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が27日に報じている。

 報道によると、インテルや中国クラブからの関心を報じられているトゥーレが、マンチェスター・C残留を希望している。同選手の現行契約はあと1年で満了を迎えるため、契約を全うする形で来シーズンまでプレーし、来年夏に改めて去就について検討するものと見られている。

 2日付のイタリア紙『トゥットスポルト』によれば、インテルがトゥーレの獲得に興味を示し、現状の年俸額1100万ユーロ(約12億4000万円)に近い条件での2年契約を提示する見通しとなっていた。今回の『デイリーメール』の報道でもインテルからの関心が伝えられているが、トゥーレはマンチェスター・C残留を望んでいるようだ。

 なお、同選手については中国スーパーリーグのクラブからの関心も報じられている。同紙は具体名こそ挙げていないものの、週給24万ポンド(約3300万円、年俸換算で約17億2000万円)という巨額オファーが準備されている模様だ。

 トゥーレは1983年生まれの32歳。コートジボワールとベルギー、ウクライナ、ギリシャでのプレーを経て、2006年にモナコへ移籍した。2007年7月にはバルセロナへ移籍し、2008年に就任したグアルディオラ監督の下でもプレー。2010年からはマンチェスター・Cに所属している。今シーズンのプレミアリーグでは32試合に出場して6ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)13時1分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]