ここから本文です

スペイン戦の完封勝利を喜ぶブッフォン「過小評価されていたことを証明」

SOCCER KING 6月28日(火)17時13分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が27日に行われ、イタリア代表はスペイン代表を2-0で破り、ドイツ代表との準々決勝に駒を進めた。スペイン代表の攻撃を完封し、3大会連続優勝を阻止したGKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)が試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに答えた。

 キャップ数を160試合に伸ばしたブッフォンは「(ジェラール)ピケの放ったシュートに対するセーブ? そのために自分はピッチにいるんだ。前半、同点とされそうになったこともあったが、後半は試合が拮抗し、流れが変わるということはわかっていた。実際にそうなったが、自分たちは守り切るということだけを考えてはいなかった。ペッレのゴールの前にも、リードを広げられるチャンスも得たほどだ」と話し、予想した流れの勝利であったことを明かした。

 さらに「長い間スペイン代表には苦しめられたが、ようやく勝利することができたよ。しかし、ベスト8に勝ち進んだだけだ。もちろん、何も手にしないよりは良い結果だね。我々が進む道は長く、険しい。我々の道には、強敵が行く手を阻む。素晴らしいユーロを戦っているとはまだ言えない。準々決勝に進んだだけだからだ。しかし、多くの人たちが、このような結果を期待していなかったことを私は忘れてはいない。自分たちは、過小評価されていたことを証明した。これを誇らしげに思う。これから、今日のように難しい一戦、ドイツ代表戦が待っている」と続け、低かった前評判を覆したことに喜びを示した。

 そして、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)との対決については「私とノイアーのどちらがナンバーワンかって? 間違いなく彼だ。若く、とても優れたGKだよ。しかし、この種の質問には興味はない。私に関心があるのは、ユヴェントスで背番号1を、イタリア代表で背番号1のユニフォームを身にまとったとき、誰も自分以外の者に私のポジションを譲らないということだけだ」と話している。

 イタリア代表は7月2日、準々決勝でドイツ代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月28日(火)17時13分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報