ここから本文です

30歳ルーニーは代表継続を明言「代表でのプレーは楽しいし、誇り」

ゲキサカ 6月28日(火)12時5分配信

[6.27 EURO決勝トーナメント1回戦 イングランド1-2アイスランド ニース]

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(30)が代表引退の意思がないことを明確にした。英『ミラー』が報じている。

 イングランドは27日、EURO2016の決勝トーナメント1回戦でアイスランド代表と対戦。開始早々の前半4分に得たPKをルーニーがしっかり決めてイングランドが先制したが、直後に同点とされると、同18分に勝ち越しを許してしまい、1-2の逆転負けで今大会から姿を消すこととなった。

 フットボール発祥の地であるイングランドが、人口わずか33万人ほどの小さな国アイスランドに敗れるという屈辱的な試合後、ロイ・ホジソン監督は辞任を表明。これを受けてルーニーは「ホジソン監督が若い選手にもたらしてくれたものを忘れることなんてできない。イングランドの将来は明るいと思う。僕も彼には感謝している」とねぎらいの言葉を送った。

 また、自身の今後の代表でのキャリアについては「誰が次の監督になるか興味深いね。もし選ばれたら、間違いなくイングランド代表として出場するよ。イングランド代表としてプレーできることは楽しいし、誇りに思っているからね」と代表引退の意思がないことを明確にした。 

最終更新:6月28日(火)12時5分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]