ここから本文です

国内ラストマッチに挑むU-23代表…手倉森監督「“成長”と“可能性”を示す」

ゲキサカ 6月28日(火)20時3分配信

 U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は、29日に行われるU-23南アフリカ代表戦の前日会見に臨んだ。この試合はリオデジャネイロ五輪前に国内ラストマッチということもあり、「まずは五輪での躍進の可能性を示せるようにと話しているし、そういうゲームになればいいと思う」と話した。

 U-23南アフリカ戦の2日後には五輪最終メンバーが発表されることもあり、指揮官はそのことについても選手に触れたようだ。「託す人と託される人に分かれるという話をした。U-23世代だけでの最後の試合に対して、この世代の心意気を皆で示そうと。良い試合をしてU-23のパワーをしっかりとリオに運んでいけるようにやっていければいいと思う」。

 リオ五輪本大会のグループリーグ初戦ではナイジェリアと対戦する。同じアフリカ勢との激突となるが、「ナイジェリアほどの細やかなテクニック、コンビネーション、スピードはない」と評価。一方で「何をしてくるか分からないし、前線の突進力がある」と警戒を示しながらも、「そういうアタッカー陣と対戦できるのは良い機会だと思うし、ぜひ封じ込めたい」と意気込みを示した。

「ゴールを取って勝てなければ、本当にナイジェリア戦は難しくなる。自信を得て、五輪に行くためには彼らは結果を絶対に出さなければいけない。何よりもU-23だけで戦う試合で彼らのこれまでの成長と、これからの可能性というのを存分に示してほしい」

 リオ五輪前の国内ラストマッチで手倉森ジャパンは、2年半の成長を、そして五輪での躍進の可能性を示すため、南アフリカに挑む。

最終更新:6月28日(火)20時3分

ゲキサカ