ここから本文です

BMW、X3/X4にドライバー支援システムなどを標準装備

オートックワン 6月28日(火)12時14分配信

ビー・エム・ダブリューは、4輪駆動モデル「X3」および「X4」の標準装備をさらに充実し、6月28日より販売を開始すると発表した。

このニュースのフォトギャラリー

今回、「X3」、「X4」は、車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行うことが可能な「アクティブ・クルーズ・コントロール」を含む革新的ドライバー支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」に加え、安全な車線変更をサポートする「レーン・チェンジ・ウォーニング」を新たに標準装備とした。

さらに、上記の安全装備品に加えて、これまで上位モデルにのみ標準装備の「ネバダ・レザー・シート」、および「フロント・シート・ヒーティング(運転席&助手席)」を標準装備とした。

人気の装備類を標準化しながらも、価格(消費税込)はX3は599万円~800万円、X4は 699万円~863万円と、標準装備品の向上にもかかわらず、8万円~13万円の上昇に留めた。

最終更新:6月28日(火)12時14分

オートックワン