ここから本文です

【J-GIRLS】美しき女王対決、4年ぶり3度目の再戦

イーファイト 6月29日(水)11時43分配信

 7月31日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 4th』の追加対戦カードが発表された。J-GIRLSバンタム級王者・陣内まどか(エスジム)が参戦。今年3月に初代ホーストカップ女子バンタム級王座に就いた谷山佳菜子(正道会館総本部)と4年ぶり3度目の再戦をすることが決定。

【フォト】4年前の対決では谷山が蹴り技で勝利

 陣内はジュニア時代から才能を発揮し、中学卒業と共にプロデビュー。得意の右ミドルキックを武器に、10代でJ-GIRLS&WPMF日本王座と二冠王を達成した。2014年12月のJ-GIRLSバンタム級タイトルマッチでは、挑戦者・小田巻洋子を相手に大差の判定勝ちで初防衛に成功している。

 対する谷山は空手をバックボーンに持ち、2009&2010極真会館『世界女子空手道選手権大会』軽量級優勝。キックでは前蹴りを始めとする空手の足技を武器に、J-GIRLS -53kg Japan Queenトーナメント優勝&初代LEGEND QUEENバンタム級王者などの実績を持つ。普段は看護師として働いておりそのルックスから“戦う美人看護師”として知られ、2012年9月以来約4年ぶりのJ-NET参戦。近年ではホーストカップなどを主戦場とし、今年3月に行われたホーストカップ女子バンタム級王座決定戦にて、J-GIRLSフェザー級王者・大石綾乃を判定3-0で下しタイトルを手にした。

 両者はこれまで2011年、2012年と2度対戦しており、どちらも谷山が勝利している。今回は延長戦ありの対戦となり、3度目の対決で白黒つけようと両者は燃えているという。陣内が得意のミドルキックで3度目の正直となるか、王者の箔を付けて4年ぶりに戻ってきた谷山が前蹴りで3度目も制するのか。美人王者対決の行方はいかに。

<追加対戦カード>

▼54kg契約 サバイバルマッチ1
陣内まどか(エスジム/J-GIRLSバンタム級王者、初代WPMF日本女子同級王者、Wヒロインズカップ56kg以下優勝)
vs
谷山佳菜子(正道会館総本部/J-GIRLSバンタム級3位、初代ホーストカップ女子バンタム級王者、初代LEGEND QUEEN バンタム級王者、J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者)

最終更新:6月29日(水)11時43分

イーファイト