ここから本文です

<NTTドコモ>クラウド型水田管理システム商用化へベジタリアと資本業務提携

BizBuz 6月29日(水)18時0分配信

 NTTドコモとベジタリア(東京都渋谷区)は29日、クラウド型水田管理システムの商用化に向けて資本業務提携を締結し、ドコモを割当先とする第三者割当増資を実施した。

 両社は、水田の水位情報をインターネットを使い遠隔地からスマートフォンやタブレットで確認できるシステムを開発しようと2015年5月から新潟市の水田で「水田センサ」を使ったクラウド型水田管理システムの実証実験を実施してきた。全国36都道府県の農業普及組織と連携した実証を通じて商用化に向けた検証を行い、16年4月に水田センサ「PaddyWatch(パディウォッチ)」の全国サービスの提供を始めた。

 ベジタリアは、農業とITの融合により農業の生産性や品質の向上を目指すシステム開発会社。提携では、同社の実績や知見、人的ネットワークと、ドコモが保有するモバイル通信・端末での事業展開の経験・ノウハウや最先端の通信技術、各種製品・サービスの販売ネットワークを相互に活用することにより、企業価値の最大化を図る。

 今後は、露地・ハウス栽培や果樹栽培向けの事業も拡大。センサーなどから取得した各種データや人工知能技術を活用することで病害虫や高温登熟、凍霜害の予察のほか、最適な収穫時期、収穫物の品質や量などの予測するサービスの提供により、日々の農作業の軽減と、安定した収穫を可能とする農業を目指す。

最終更新:6月29日(水)18時0分

BizBuz