ここから本文です

アデル、〈グラストンベリー・フェスティバル〉での「Someone Like You」の映像を公開中

CDジャーナル 6月29日(水)16時19分配信

 6月22日(水)から26日(日)までイギリスで開催された世界最大の音楽フェスティバル〈グラストンベリー・フェスティバル〉に、25日(土)のヘッドライナーとして出演したアデル(Adele)。彼女が約80分間のライヴの最後に披露した「Someone Like You」の映像が、BBCのウェブサイトで公開されています。

 「Someone Like You」は2011年に発表された2ndアルバム『21』に収録されている大ヒット曲。ピアノの演奏を伴って歌うアデルにあわせ、数万人におよぶ見渡すかぎりの観客が大合唱する感動的なパフォーマンスとなっています。

 グラストンベリー出演後、英国ではアデルの最新アルバム『25』のセールスは前週から176%増え、再び全英チャートの1位を獲得。「Someone Like You」を収録するアルバム『21』もトップ10入りを果たしました。ヨーロッパ・ツアーを終えたアデルは、7月5日から11月まで続く全米ツアーを開始します。

最終更新:6月29日(水)16時19分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。