ここから本文です

スノードラゴンなど、CBC賞厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 6月29日(水)15時24分配信

 CBC賞(GIII・芝1200m)に出走するスノードラゴン(牡8・美浦・高木登)が、坂路コースで最終追い切りを消化した。高木調教師のコメント。

「前走(北海道スプリントC・JpnIII・3着)はもう少し体が減るかと思いましたが、状態は良かったですね。不良馬場でしたが、よく頑張ってくれました。前走の反動もなく、在厩でここに向けて順調に調整できています。今日の追い切りは良い時計で走っていますし、終い1ハロンの動きも良かったです。8歳馬には見えない動きでしたね。

 高松宮記念(GI・7着)は時計が速かったですが、通常中京は時計がかかるコースでこの馬には1番合っている条件と思い、今年前半の最大目標をここと考えて調整してきました。ハンデ(58.5キロ)は見込まれましたが、馬格のある馬ですし許容範囲です。レースを使ってきて馬もできていますし、好調をキープしています」

 レッドファルクス(牡5・美浦・尾関知人)は、ウッドチップコースで併せ馬の追い切りを消化した。尾関調教師のコメント。

「今日は5ハロンの入りをもう少し速くしたかったですね。ただ直線では体を大きく使った走りをしていて、良い動きでした。このレースは頭数が揃わない傾向にあるという話でしたが、本当に揃わなかったですね。高速馬場にならなければ芝もこなせますので、もう少し雨が降ってほしいです。56キロのハンデなら、不安はありません」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月29日(水)15時24分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。