ここから本文です

大阪・南港で25年ぶり新型ニュートラム「笑顔」で出発進行

THE PAGE 6月29日(水)12時1分配信

新型車両200系の出発式

コスモスクエア駅長の「出発進行」の合図とともに動き出すニュートラム200系 THE PAGE大阪

 南港で「笑顔」の出発進行──。大阪市交通局は29日午前、同市住之江区を走る南港ポートタウン線(ニュートラム)の新型車両200系の出発式を同線コスモスクエア駅で行った。同線での新型車両投入は25年ぶりとなる。

【拡大写真と地図】コスモスクエア駅長の「出発進行」の合図とともに動き出すニュートラム200系

「南港の笑顔の子供」をイメージしたフロント部分

 同局によると、車両のフロント部分は「南港の笑顔の子供」をイメージしたユニークなデザイン。よく見たら「えくぼ」もあるなど、遊び心も加えられている。そして、車内は南港の緑や草花をイメージしたピンク色などに包まれ、地元を意識して車両をつくったという。

 「車内居住性・快適性の向上」「従来からの車両イメージの一新」をコンセプトに景色が楽しめるよう大型窓が設置され、床面高さをホーム高さに近づけ乗降時の段差を減らすなど、利用客の利便性を図っている。

 また、外観は後に「ピンク」 「レッド」 「オレンジ」「イエロー」「グリーン」「ブルー」「パープル」の7色が用意される予定となっている。

 同駅を利用していた30代の女性は「笑ってるんですね、こっちも見てたら笑ってしまうかも。沿線がどう変わるか、地元としても楽しみですね」と話していた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.64242424521005&lon=135.4124774944391&z=16

最終更新:6月29日(水)17時0分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。