ここから本文です

宝塚記念優勝のマリアライトに久保田師「ありがとうと言いたいです」

netkeiba.com 6月29日(水)18時3分配信

 マリアライト(牝5・美浦・久保田貴士)が、2005年のスイープトウショウ以来、牝馬としては11年振りに宝塚記念(GI)を制した。最終追い切り後の共同記者会見では「一発を狙っていきます」と話をしていた久保田調教師だが、正にその通りの結果となった。

「残り200mあたりではまだキタサンブラックやラブリーデイも粘っていましたのでここまでかなと思いましたが、残り100mくらいで伸びてきてくれました。ただドゥラメンテが外から迫ってきましたし、ゴールの時は声も出ませんでした」と久保田師は激戦を振り返る。

「月曜の早朝にこちらに戻ってきましたが、さすがに激走の疲れや硬さが見られましたね。小柄ですけど、あきらめないのがこの馬の良いところです。ありがとうと言いたいです」と、並みいる強豪をねじ伏せたマリアライトに、師は感謝の言葉をかけた。

 昨年春にオープン入りしてからは安定した成績を残している同馬だが「以前よりもレース後の回復が早くなっています」と師が言うように、ここに来ての充実振りがグランプリ制覇へとつながったようだ。

 気になる次走は未定としながらも「勝つ前と勝った後では状況が変わりましたし、マリアにとって最善の選択をしていきたいです」と師は語った。近日中に放牧に出て、今後に向けて鋭気を養う。

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月29日(水)18時3分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。