ここから本文です

<速報>黒田の日米通算199勝目で広島が32年ぶり11連勝!

THE PAGE 6/29(水) 21:10配信

 広島の黒田博樹(41)が29日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に先発、7回を投げて山田に許した26号ソロだけの1失点に抑えて今季6勝目、これが日米通算199勝目となった。6回二死満塁からは自ら走者一掃の3点タイムリー二塁打まで放つなど、満員のファンを喜ばせる“黒田劇場”で、チームは32年ぶりの11連勝。もう広島の勢いが止められなくなってきた。

 黒田vs山田の注目対決は、二回に巡ってきた。珍しくツーシームが真ん中へ甘く入った。打球はバックスクリーンへ。先制の26号ソロ。しかし、今のカープ打線ならば、1点など痛くもかゆくもない。

 3回にヤクルトの先発の原を攻めて、松山、石原が連打で出塁すると、原が緊急降板。代わった徳山から田中が、四球を選び一死満塁とすると、菊池のライト越えの2点タイムリー二塁打で逆転。さらに二死二、三塁からルナがセンター前へ2点タイムリーで続き、この回4点を奪い、黒田を援護した。

 点差が広がると切り替えのできるのが、黒田のすごさだ。落ち着いたピッチングでボールを動かして、4回は山田、雄平、バレンティンの3人を揃って内野ゴロ。5回、6回もパーフェクトに抑えこむと、その裏、自らのバット追加点を叩きだす。代打・下水流のヒットで、ホームをついた鈴木が絶妙のバックホームでアウトになったが、石原が敬遠されて二死満塁で打席に立つと、3番手、成瀬の低めをつく難しい初球のボールをうまくすくった。レフトオーバーとなる走者一掃の3点タイムリー二塁打。黒田の一撃でゲームがワンサイドとなると、黒田は7回先頭の山田に四球を与えたが、一死一塁からバレンティンをショートへの併殺打に打ちとった。黒田は、ここでお役御免。7回、93球を投げて4奪三振、3安打、1失点の内容だった。

 6点差があったが、8回をヘーゲンズが抑え、その裏、菊池のタイムリー二塁打でダメ押しとなる1点を追加。9回は今村で逃げ切り、8-1でチームは32年ぶりの11連勝を飾った。黒田は日米通算200勝に王手。
   

1/2ページ

最終更新:6/29(水) 21:55

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。