ここから本文です

コパノリッキー鮮やか押し切りV! GI・7勝目!/帝王賞・大井

netkeiba.com 6月29日(水)20時18分配信

 29日、大井競馬場で行われた第39回帝王賞(GI・4歳上・ダ2000m・1着賞金6000万円)は、好位でレースを進めた武豊騎手騎乗の5番人気コパノリッキー(牡6、栗東・村山明厩舎)が、3~4コーナーで先頭に立って後続を突き放し、中団から追い上げてきた1番人気ノンコノユメ(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒5(不良)。

 さらに5馬身差の3着に2番人気サウンドトゥルー(セ6、美浦・高木登厩舎)が入った。なお、4番人気ホッコータルマエ(牡7、栗東・西浦勝一厩舎)は4着、3番人気アスカノロマン(牡5、栗東・川村禎彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったコパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、その父ティンバーカントリーという血統。前走のかしわ記念に続く連勝で、GI・7勝目を果たした。また、鞍上の武豊騎手はこのレース5度目の制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆コパノリッキー(牡6)
騎手:武豊
厩舎:栗東・村山明
父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
馬主:小林祥晃
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:23戦12勝(重賞9勝)
主な勝ち鞍:2014年フェブラリーS(GI)

【武豊騎手のコメント】
 展開はある程度予測していた通りになりましたが、少し馬が力んでいたので、我慢させながら乗っていました。(5番人気だったのは)今日はメンバーも強かったですし、やってみないとわからないなとは思っていましたが、僕が信頼されてなかったのかな(笑)。順調に行けば秋にはアメリカ挑戦のプランもありますので、いい競馬ができて良かったです。

最終更新:6月29日(水)21時9分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ