ここから本文です

トム・ハンクス主演シリーズ第3弾『インフェルノ』、謎多きポスター到着

cinemacafe.net 6月29日(水)12時45分配信

トム・ハンクスが主演を務める、空前のミステリーブームを巻き起こした大ヒットシリーズの第3弾『インフェルノ』。このほど、10月に公開される本作から、“どう解釈すればいいのか解らない”ミステリアスすぎるポスタービジュアルが解禁となった。

【画像】主演のトム・ハンクス

2006年『ダ・ヴィンチ・コード』ではダ・ヴィンチの名画に隠された暗号の謎を解き、2009年『天使と悪魔』ではガリレオの暗号の謎を暴いてヴァチカンを救った、トム・ハンクス演じる宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授。今回は、人類滅亡の恐ろしい計画を企てている生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した、暗号の謎に挑むことになる。

ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として、人類の半数を滅ぼすためのウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり、計画を実行しようとする。「100年後の人類滅亡」か「いま、人類の半分を滅亡させて生き残る道」、どちらが正しい未来なのか? ラングドン教授は地獄篇の暗号(インフェルノ・コード)の謎を解き、その選択を迫られる――。

今回完成したポスターは、どちらが正しい向きなのか、ラングドン教授らしき2人組の人影は追っているのか、追われているのか、1人たたずむ人影こそが人類の敵なのか、なども読み取ることができない謎が謎呼ぶビジュアル。なにが「善」で、なにが「悪」なのか? 正しい「未来」への答えとは? という本作で描かれる“謎”と“テーマ”をまさに表現したものとなっている。

また、彼らが立つ場所は、物語の謎の重要なカギとなるフィレンツェのドゥオモとおもわしき建物。このポスターですでに、“謎”の答えが明かされているのだろうか…!?

これまでのシリーズ同様、予想を裏切る大どんでん返しもウワサされる本作。シリーズを手がけてきたアカデミー賞監督ロン・ハワードと、お馴染みロバート・ラングドン教授役のトム・ハンクス、また、ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナ役のフェリシティ・ジョーンズがタッグを組み、『ダ・ヴィンチ・コード』から10年が経った今年、全世界を揺るがす巨大な陰謀を解き明かす。

『インフェルノ』は10月28日(金)より日米にて同時公開。

最終更新:6月29日(水)12時45分

cinemacafe.net