ここから本文です

S・ダルドリー監督のミュージカル映画「ウィキッド」、2019年全米公開へ

映画.com 6月29日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 大ヒットブロードウェイミュージカル「ウィキッド」の映画版の全米公開日が、2019年12月20日に決定したことが配給の米ユニバーサル・ピクチャーズから発表された。

 2003年にブロードウェイで初演された「ウィキッド」は、「オズの魔法使」の裏話として構成され、西の悪い魔女エルファバと南の良い魔女グリンダの知られざる友情を描いた作品。オリジナルブロードウェイ版では、エルファバ役をイディナ・メンゼル、グリンダ役をクリスティン・チェノウェスが演じた。

 映画版は、「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー監督がメガホンをとる。また、オリジナル版の作詞・作曲を手がけたスティーブン・シュワルツと、脚本のウィニー・ホルツマンも映画化に参加する。キャストは現在のところ未定。

最終更新:6月29日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。