ここから本文です

【Krush】武尊にケンカ売った小澤が初防衛戦

イーファイト 6月29日(水)19時47分配信

 8月20日(土)名古屋国際会議場イベントホールで開催の『Krush.68 ~in NAGOYA~』にて、Krush -58kg王者・小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)の初防衛戦が行われることが決まった。

【フォト】武尊と一触即発のにらみ合いをする小澤

 小澤は2月大会で王座決定戦を制し、第2代Krush -58kg王座を獲得。6月の『K-1 WORLD GP』では、Krush -58kg初代王者にしてK-1 -55kg王者の武尊(K-1ジム・チームドラゴン)と対戦した。

 そのカード発表会見時には武尊を挑発して乱闘寸前まで行き、続くファンイベントでは乱闘を繰り広げ、両者の試合は“新生K-1史上最大の遺恨マッチ”に発展。大きな話題となり、試合においても小澤は武尊とフルラウンドに渡って打ち合い、判定で敗れるも大いに名をあげている。

 なお、挑戦者は6月30日(木)東京・GENスポーツパレスに行われる記者会見で発表される。

最終更新:6月29日(水)19時47分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。