ここから本文です

【ムエタイオープン】貴vs岩浪で初代王座決定戦

イーファイト 6月29日(水)20時45分配信

 7月17日(日)東京・ディファ有明で開催される『MuayThaiOpen35 & LumpineeBoxingStadium of Japan』のメインイベントが決定した。

【フォト】18歳で王座に就いた岩浪の蹴り

 未定となっていたLumpineeBoxingStadium of Japan(略称LPNJ)が認定するスーパーフライ級タイトルマッチは、貴・センチャイジム(センチャイムエタイジム)vs岩浪悠弥(橋本道場)で行われることになった。LumpineeBoxingStadium of Japanは、ムエタイの殿堂ルンピニースタジアムの日本支部として誕生したもの。

 貴はこれまでNJKFフライ級王座、MuayThaiOpen同級王座、WMC世界スーパーフライ級王座と三本のベルトを腰に巻いてきた。175cmとこの階級では破格の長身を利した首相撲とヒジ打ち・ヒザ蹴りを得意とする。

 対する岩浪は昨年12月、INNOVATIONフライ級王座に就いた18歳。少年時代から名門・橋本道場で鍛えられ、2013年にプロデビューして現在の戦績は11勝3敗1分。蹴り技全般と右ストレートを得意としている。

 経験に優る貴が4本目のベルトを巻くのか、それとも若く勢いのある岩浪が二冠王となるのか。初代王座に就くのはどっちだ。

最終更新:6月29日(水)20時45分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。