ここから本文です

ローランド・エメリッヒ監督「インデペンデンス・デイ3」の構想を明かす

映画.com 6月29日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース]20年ぶりの続編「インデペンデンス・デイ リサージェンス」を発表したローランド・エメリッヒ監督が、すでに第3弾の構想を持っていることを明らかにした。

 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」は、前作から20年後を舞台に、再来したエイリアンと人類の壮絶な戦いを描くディザスター映画。英エンパイア誌の取材を受けたエメリッヒ監督は、「次作は宇宙での冒険を描くことになる」と既に続編の用意があることを明言した。

 「(今作の)1年か2年後が舞台で、20年後ではない。同じキャスト、特に若いキャラクター(リアム・ヘムズワース、マイカ・モンロー)とジェフ(・ゴールドブラム)、ブレント(・スピナー)には参加してもらいたい。同じグループで続編を作るのは楽しいだろうね」

 「インデペンデンス・デイ リサージェンス」は、7月9日に全国で公開。

最終更新:6月29日(水)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。