ここから本文です

【CBC賞】ファルクス重賞初制覇狙う 芝砂OKのオールラウンダー

デイリースポーツ 6月29日(水)6時59分配信

 「CBC賞・G3」(7月3日、中京)

 芝砂OKのオールラウンダーが一発に虎視たんたんだ。前走でオープン初勝利を決め、勢い十分のレッドファルクスが重賞初制覇を狙う。中間は短期放牧を挟んでリフレッシュは万全。準オープン勝ちを決めた中京芝6F戦で勲章をつかむか。

 欅Sを5番手追走から鮮やかに抜け出したレッドファルクス。ダートの前走で待望のオープン特別勝ちを果たした。「だいぶオープンに慣れてきた。プロキオンS(7月10日・中京)もあったが、賞金的にもメンバー的にもこちらの方が楽なので」と尾関師は参戦の意図を明かす。

 芝で2勝、ダートで4勝を挙げるオールラウンダー。中京では芝で2勝、ダートで1勝とコース相性も抜群だ。得意の舞台で先に見据えるのは来年春の大一番。「高松宮記念を使いたい」。同じ中京芝1200メートルでの予行演習としても期待がかかる。

 肝心の体調面も万全だ。中間は短期放牧を挟んでリフレッシュ。美浦に戻ると、16日はWで併せ馬を消化。23日には芝で直線だけ一杯に追われ、機敏に反応してシャープなフットワークを披露した。

 ただひとつ心配しているのは中京の馬場。3月27日に終わった2回中京から、たっぷり3カ月間隔をあけて迎える3回中京の開幕週。「あまり高速馬場になると良くないのでは。でも開幕週の方が時計がかかることもある。ふたを開けてみないとどんな馬場になるのか…」と思案顔。中間の降雨量にも気をもむ梅雨時の一戦になりそうだ。

最終更新:6月29日(水)7時57分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]