ここから本文です

英「Rega」から最新のアナログプレーヤーが新登場

CDジャーナル 6月29日(水)16時19分配信

 1973年に英国エセックス州で設立された「Rega(レガ)」。社名は、設立者Tony RelphとRon Gandyの名前から“Re”と“Ga”を取ったもの。設立以来40年以上に亘ってアナログプレーヤーやトーンアーム、カートリッジなどのアナログ関連製品を継続して開発販売してきた“Made in England”へのこだわりを持つアナログオーディオ専門メーカーです。

 同社が、使い易さと音質を追求し、およそ2年を経て開発されたブランドを代表するアナログプレーヤー「Planar 3」(10,000円)を復刻。35年の歴史を誇る同社のアーム技術と、3D CADなどの最新テクノロジーを融合させて進化を遂げた新開発のトーンアーム“RB330”を搭載しているほか、特製のカスタムケーブルやケーブルプラグ、バランス用ウェイトなども新規に設計。キャビネットには独自工法で製作されたMDFキャビネットを採用し、軽く、硬く、防振特性にも優れた構造となっています。また、異種合金による防振設計、12mm厚のカスタム仕様ガラスプラッター、新設計のメインハブとサブ・プラッターなど、随所に施された改良によりエネルギー感のあるサウンドと低歪みでダイナミックな音場再現を実現しています。

 なお、自国で高い評価を得ている同社フォノアンプの入門機「Fono Mini」(16,000円)と中堅機「Fono MM」(36,000円)も同時発売。シングルレコードアダプター「45RPMAD」(2,700円)も発売されています。

最終更新:6月29日(水)16時19分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。