ここから本文です

當山みれい 清水翔太プロデュースの新曲MVティーザーを公開、翔太からのコメントも到着

エキサイトミュージック 6月29日(水)20時30分配信

7月27日に1stアルバム『My Way』をリリースすることを発表している當山みれいが、新曲「My Way」のミュージックビデオティーザー公開した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

清水翔太完全プロデュースによる本楽曲のミュージックビデオには、當山みれい本人と同世代である共に15歳のモデル・樫本琳花とアンジェリカが出演。10代の人間関係を切り取ったスキャンダラスな表現を予感させるティーザー映像は、當山みれいの歌詞にあらわされるリアルな言葉を体現しているかのようだ。ティーザー映像はver.3まで作成され、今後も毎週水曜に映像が上がる予定。

また今回公開となった楽曲のプロデュースを担当した清水翔太から本楽曲に向けたコメントが到着している。

◆清水翔太 コメント
當山みれいというアーティストの歌声には強い存在感と、心地よさの両方を兼ね備えた魅力があります。
自分の10代の頃を思い出しながら、僕なりに若さ故の強さと弱さを表現してみたのが、「My Way」という楽曲です。
デビューの頃から彼女を見てきて、あえて今、王道のR&Bサウンドで勝負させたいという意図を持って制作しました。
またMVも上手くこの楽曲の魅力を増長させているように感じました。
僕としましてもとても満足な仕上がりです。
彼女の才能は非常に大きなものなので、周りの人間や彼女自身でさえもその才能をまだ上手に活かしきれていません。
ネガティヴな意味ではなく、これからまだまだ彼女は成長するという意味です。
彼女のクリエイティブが更に成長していくきっかけのようなものに、僕の楽曲がなれば嬉しいなと感じています。

最終更新:6月30日(木)20時0分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。