ここから本文です

野村9勝目でカープ22年ぶり10連勝 あるぞ月間MVP獲得

デイリースポーツ 6月29日(水)6時59分配信

 「広島3-2ヤクルト」(28日、三次きんさいスタジアム)

 カープの強さは本物だ。広島の野村祐輔投手(27)がハーラーダービー単独トップを守る9勝目を手にした。3連勝中と勢いに乗っていたヤクルトを相手に7回4安打2失点。要所を締める粘り強さを発揮した。チームも94年以来、22年ぶりの10連勝。貯金は今季最多を更新する「15」とし、2位・巨人とのゲーム差を「9」に広げた。

 澄んだ三次の夜空に野村が雄たけびを上げた。グラブを何度もたたき右拳を握る。勝敗の行方を左右する場面で、狙い通りの併殺打。「よし!」と思ったと同時に、心の底からわき上がる感情を抑えることができなかった。

 「すごく大きかったと思う。二遊間がすごくいいプレーをしてくれた。ありがたかったですね」。年に一度の県北での戦い。球場を真っ赤に染めた鯉党の声援が力になった。応えたかった。とびきりのガッツポーズだ。

 1-1の同点とした直後の四回だ。先頭への四球から1死一、三塁のピンチを背負った。打席には二回に先制ソロを浴びた雄平。「変化球を打たれたので真っすぐで押した」。3球連続の直球で追い込むと最後も強気の姿勢を崩さず内角へ。「今年は一番、良くなった球種」という136キロの直球で遊ゴロ併殺打に打ち取った。

 味方打線が直後に4連打で2得点し、勝ち越しに成功した。右腕の粘り強さが攻撃陣に勇気と活力を与えたと言ってもいい。畝投手コーチは「ピンチで内角に投げ込めるのが強み」と目を細めた。

 試合で使うグラブの形は、約10年前の広陵時代と変わっていない。ただ一つ、こだわりがあるのがスパイクのインソールだ。「グラウンドの土をしっかりと掴める感覚の物にしている」。毎年オフに足形を取り、自分の足裏に最適な物を用意。ランニングシューズにもそれを使う徹底ぶりだ。初めて上がった三次のマウンドでも、軸足で真っすぐと立つことで持てる力を最大限、発揮した。

 チームを22年ぶり10連勝へと導き、ハーラートップを守る9勝目。6月だけで4勝をマークし、月間防御率も1・44と安定感が光る。月間MVPの獲得も視野に入るが「(成績は)終わってからのことなので、考えません。一戦、一戦を本当に、しっかりと戦っていくだけ」と先を見据えた。自信を持って広げた羽で、野村がチームに新たな上昇気流をもたらした。ただひたすらに、真っすぐに-。全力で駆け抜けた先に、大輪の花は待っている。

最終更新:6月29日(水)7時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]