ここから本文です

<香川真司選手>注目はベイル、エジル、ポグバ ユーロ2016の見どころ語る

まんたんウェブ 6月29日(水)21時41分配信

 フランスで開催されているサッカーの「UEFA ヨーロッパ選手権2016」(ユーロ2016)。サッカー日本代表の香川真司選手(ドイツのドルトムント)がWOWOWのインタビューに応じ、ベスト8が出そろった同大会の見どころや、注目している選手などについて語った。試合の模様はWOWOWで連日生中継される。

【写真特集】真剣な表情も見せる香川選手

 ユーロは4年に1度開催されるサッカーのヨーロッパ最強国を決める大会で、今回はUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)加盟53カ国・地域が出場した予選を勝ち抜いた23チームに開催国フランスを加えた全24チームが本大会に出場。ポーランド、ポルトガル、ウェールズ、ベルギー、ドイツ、イタリア、フランス、アイスランドが準々決勝に進出している(29日現在)。

 --ユーロに対するイメージについて教えてください。

 ヨーロッパというのは本当にレベルの高い国ばかりで、ワールドカップに近い大会だと思います。そういう意味で、ヨーロッパの選手はこの大会に懸ける思いが強いと思います。チームメイトも出ていますが、やはりクラブチームと国の代表では全然違うので、彼らが国を背負った時にどういう力を発揮できるかに注目しています。それは自分にも当てはめられることなので、チームでも代表でも両方で結果を残せるのかに注目していて、そういうのは見どころの一つです。

 --同大会で注目している選手はいますか。

 ウェールズ代表のガレス・ベイル(スペインのレアル・マドリード)。圧倒的なスピードとフィジカル。あとは左利きのカットインからのシュートはフリーキック以外でも驚異になる。キックのバリエーションも豊富で、無回転があったり、質が高いと思います。国を背負うという責任感があるからこそ、ああいう舞台で結果を残せるんじゃないかと思います。技術だけでなく、あのメンタリティーもワールドクラスだと思います。

 --ベイル選手のほかに注目している選手は誰ですか。

1/2ページ

最終更新:6月29日(水)23時27分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。