ここから本文です

<クラシカロイド>杉田智和がベートーヴェン、能登麻美子がリストに 浅倉大介も参加

まんたんウェブ 6月29日(水)21時45分配信

 10月にNHK・Eテレでスタートするテレビアニメ「クラシカロイド」に声優として杉田智和さんや梶裕貴さん、能登麻美子さんが出演することが29日、分かった。「銀魂」「おそ松さん」などの藤田陽一さんが監督を務めるクラシックをテーマとしたオリジナルアニメで、杉田さんがベートーヴェン、梶さんがモーツァルト、能登さんがリストを演じるほか、鳥海浩輔さんがショパン、前野智昭さんがシューベルト役として出演する。

【写真特集】モーツァルトが美少年、リストは美女に 衝撃のキャラも一挙公開

 また、音楽を手がける「ムジークプロデューサー」として布袋寅泰さん、tofubeatsさん、つんく♂さんが参加することが発表されており、新たに浅倉大介さんが参加することも明らかになった。浅倉さんはリストの楽曲をアレンジするといい「『おお!愛しうる限り愛せ!』のリストがアニメになるのをぜひ楽しんでください」とコメントを寄せている。

 アニメは、音楽で町おこしをする地方都市に住む高校生・歌苗(かなえ)と奏助(そうすけ)の前に、「クラシカロイド」を名乗るベートーベンとモーツァルトが現れ、2人が奏でる音楽・ムジークの奇妙な力で、星が降ったり、巨大ロボが現れたり、騒動が起こる……というストーリー。音楽はクラシックの名曲をポップス、ロック、テクノなどにアレンジしたものが使用される。

 「銀魂」「おそ松さん」などの藤田陽一さんが監督を務め、「戦国BASARA」などの土林誠さんがキャラクター原案、ライトノベル「神曲奏界ポリフォニカ」などの榊一郎さんと「MAJOR」などの土屋理敬さんがシリーズ構成を担当。「機動戦士ガンダム」シリーズなどのサンライズが制作する。歌苗を小松未可子さん、奏助を島崎信長さんが演じる。

 ◇スタッフとキャスト(敬称略)

 監督:藤田陽一▽キャラクター原案:土林誠▽キャラクターデザイン:橋本誠一▽シリーズ構成:榊一郎、土屋理敬▽脚本:松原秀、こぐれ京、きだつよし、浅川美也▽音楽:浜渦正志▽アニメーション制作:サンライズ▽ムジークプロデューサー:布袋寅泰 (ベートーヴェン)、tofubeats(モーツァルト)、つんく♂ (バッハ)、浅倉大介(リスト)

 ベートーヴェン:杉田智和▽モーツァルト:梶裕貴▽音羽歌苗:小松未可子▽神楽奏助:島崎信長▽ショパン:鳥海浩輔▽リスト:能登麻美子▽シューベルト:前野智昭

最終更新:6月29日(水)21時45分

まんたんウェブ