ここから本文です

「クリマイ」マシューのサプライズ対応にファン歓喜!森久保祥太郎と“逆アフレコ”も

cinemacafe.net 6月29日(水)19時20分配信

FBIの最強プロファイラー・チーム(通称BAU)が、全米各地の凶悪事件に挑む犯罪捜査サスペンス「クリミナル・マインド」シリーズ。このほど、本作きっての人気者Dr.スペンサー・リード役を演じるマシュー・グレイ・ギュブラーが、WOWOWとDlifeの番組プロモーションのために来日。6月28日(火)、リード役の吹き替えを担当する声優・森久保祥太郎とともに、特別招待されたファンの前で試写会&トークイベントを行った。

【画像】ファンの靴下に絵を描くマシュー

IQ187、3つの博士号を持つ天才捜査官“Dr.リード”役として、シーズン1から本作に出演しているマシュー。この日、リードが活躍するシーズン7・11話の試写会に続いて行われたトークイベントは、リードの日本語吹き替えでお馴染みの森久保さんの挨拶からスタート。森久保さんとファンからの呼びかけで会場に現れたマシューは、星がちりばめられた黒のシャツに、ストライプの蝶ネクタイ、真っ赤なスーツを着こなし、大きく手を広げて登場! 「日本に来られて嬉しい」と、満面の笑顔で集まったファンに挨拶した。25日(土)に来日してから「東京ディズニーランドと…いい古着があると聞いて、中目黒に行った」と明かし、美味しいお酒と日本食もたくさん食べ、すっかり日本を満喫している様子だった。

サービス精神旺盛なマシューがファンからの質問に答えていくコーナーでは、祖母からの教えで “片方ずつ別の靴下を履く”ことをラッキージンクスとするマシューに、「今日はどんな靴下を履いているの?」との質問が。「ハロウィーンの猫と、ストライプ」と答えてニッコリするマシューは、さらに質問したファンに向かって「きみが今日履いている靴下はどんな柄なの?」と逆質問、彼女の履いていた靴下が真っ白だったことから、「何か描いてもいい?」と、突然壇上から降りて落書きをするサプライズもあり、これには会場のボルテージも急上昇。

また、自身の監督したエピソードについて聞かれると、「監督をするときにこだわるのはキャスト。とくに悪役はとても大切で、何週間もかけて探すときもあるんだ。それから衣装は自分で作ることもある。そして音楽」と、俳優とは違う作り手の一面を熱弁。監督をしながら演技もするときは「机の下に見えないように置いたモニターで確認しながら、演じるんだ」とコメント、「アメリカでもそんなことしてる人はいないと思う。僕はクレイジーなんだ」と笑いを誘った。

そして、森久保さんには「声がキレイだから、僕も吹き替えがしたい!」とリクエスト。話す真似をする森久保さんに、「アリガト、スーパーゴザイマス!」と“逆吹き替え”をしてみせる公開生アテレコが実現。さらに、会場に駆けつけていたアーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)の吹き替えを担当する森田順平に、マシューお気に入りのホッチのセリフ「30分後に出発だ」をリクエストして森田さんが生披露したりと、集まったファンに次々と嬉しいサプライズを提供した。

目下、アメリカではシーズン12を撮影中というマシュー。演じるリードというキャラクターを、「どうしてこんなに人気があるのか分からないけれど、作品をつくるのは大好きだし、日本でもこれだけ人気があるのは嬉しい。11年リードを演じてきて、成長して自信を持ったリードと一緒で、僕も成長して自信を持ったんだ」と語った。森久保さんから、シーズン12のどこかで「日本のファンだけが分かるようなポーズ」をアドリブでして欲しいと提案されると、「必ずするよ」と約束。両手で顔を抱えるキュートなポーズをお披露目してみせた。

なお、Dlifeでは「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」シーズン7、8を現在放送中のほか、今回のマシュー来日を記念して、自身が監督したエピソード、リードがメインキャラクターとして話が進むエピソードをセレクトした特別編成「異常にアツいぞ!クリマイ リード特集」を8月9日(火)21時より放送する予定。「クリミナル・マインド11 FBI行動分析課」は9月6日(火)よりスタートする。

最終更新:6月29日(水)19時20分

cinemacafe.net