ここから本文です

重光武雄ロッテ創業者、脳MRI撮影を拒否…「脳に異常はない」と主張

WoW!Korea 6月29日(水)14時35分配信

重光宏之(韓国名:シン・ドンジュ、62)前日本ロッテホールディングス副会長は、父である重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、95)総括会長が認知症を患っているとの世間の疑惑を再度否定した。

 しかし、ロッテグループは「宏之氏側が、武雄総括会長が認知症を患っているとの主張と異なり、薬物治療の内容がメディアに不法流出した。つじつまが合わない主張をしている」とし、攻勢をかけ始めた。

 SDJコーポレーション側のチョ・ムンヒョン弁護士は29日、「認知症の有無を判定するには、脳部分のMRI撮影と血液検査が必須」とした上で、「しかし、ソウル大病院に入院した武雄総括会長は『脳に異常はない』としてMRI撮影を拒否した」と明かした。

最終更新:6月29日(水)14時35分

WoW!Korea