ここから本文です

脱原発5議案を否決 東北電力株主総会

福島民報 6月29日(水)9時29分配信

 東北電力は28日、仙台市で株主総会を開き、原子力発電所の再稼働禁止などを定款に加えることを求めた株主提案の5議案を否決した。 
 株主提案の5議案について、福島民報社が事前に行った取材によると、議決権を持つ県と福島県内19市町村のうち、会津美里町が反対。福島、郡山、須賀川、田村、南相馬、桑折、川俣、西会津、三春、泉崎、石川、楢葉、大熊の13市町村が賛否の手続きをしなかったとみられる。 
 会社提案の剰余金処分、取締役16人の選任、監査役1人を補欠選任する3議案は可決された。株主804人が出席し、開催時間は2時間52分だった。東日本大震災後の株主総会で出席者数は最少、開催時間は最短だった。 

福島民報社

最終更新:6月29日(水)10時1分

福島民報