ここから本文です

地域福祉活性化がテーマの韓日フォーラム ソウルであすから

聯合ニュース 6月29日(水)15時40分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル市福祉財団と日本福祉大(愛知県)が30日から2日間、ソウルで地域福祉の活性化策などを話し合う共同フォーラムを開催する。

 来月1日午後1時からの討論会では、地域福祉分野の専門家であるオーストラリア・カーティン大のジム・アイフ教授が「社会福祉の視点から見たコミュニティー発展と人権」をテーマに基調演説する。また、「韓日の公共福祉行政の変化」について同財団のイ・スンソン博士と福祉大の平野隆之教授が発表を行う。

 これに先立ち、30日には参加者らがソウル市内の地域コミュニティーカフェを訪問し、ソウル市が推進する福祉政策の運営状況や官民協力の事例を視察する。

 共同フォーラム討論会は同時通訳サービスが提供され、誰でも観覧可能だ。詳細は財団ホームページ(www.welfare.seoul.kr)で確認できる。

最終更新:6月29日(水)15時54分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。