ここから本文です

佐藤選手(東邦銀行陸上部)に質問 福大付属中で学習指導要領改定控え研究会 

福島民報 6月29日(水)9時30分配信

 学習指導要領の改定を見据えた学習指導法研究会は28、29の両日、福島県福島市の福島大付属中で開かれている。 
 同校、福島大の主催、県教委の共催。「主体的・協働的に学び、次代を創り出す生徒の育成」をテーマに2日間で計21の公開授業や各教科分科会などを予定している。 
 初日は国語、数学、音楽、保健体育、道徳の授業を公開し、県内外から約300人の教員らが参加した。1年生の道徳は視覚障害女子T13クラス(伴走者無し)の100メートルなどで活躍する東邦銀行陸上競技部の佐藤智美選手を招いた。生徒が競技への思いや障害がある中での生活などについて熱心に聞き、目標や夢を持つことの大切さを学んだ。 
 最終日は社会、理科、美術、家庭、英語、道徳の授業を公開する。 

福島民報社

最終更新:6月29日(水)10時6分

福島民報