ここから本文です

[芸能]韓国映画「釜山行き」 156カ国に配給権販売

聯合ニュース 6月29日(水)18時15分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「釜山行き」(原題)の配給権が日本、中国、インド、フランス、米国、カナダなど156カ国に販売された。配給会社のNEWが明らかにした。

 販売額は合計250万ドル(約2億6000万円)で、5月の第69回カンヌ国際映画祭に出品された韓国映画の中では最高額。

 NEWの関係者は「配給権が海外に販売されても必ず劇場公開されるとは限らないが『釜山行き』の場合、156カ国のほとんどが劇場公開を約束した。これに伴う追加の収益も期待できそうだ」と話している。

 同映画は、韓国が前代未聞の災害に見舞われた中、ソウル駅を出発した釜山行きの列車に乗った人々の命懸けの死闘を描いた。

最終更新:6月29日(水)19時2分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。