ここから本文です

今くるよ、ギャグ巡り菊水丸と押し問答 お腹パーン!のギャグは「北の湖発祥」説

デイリースポーツ 6月29日(水)18時3分配信

 漫才師・今くるよ=年齢非公表=が、古代相撲発祥の地である奈良県葛城市の相撲館「けはや座」の応援隊長に就任することになり、29日、大阪市内で行われた委嘱式に出席した。

 突っ張りならぬ、おなじみの「どやさ!」のポーズで登場したくるよは「私、意外と相撲になじみが深くて、若貴兄弟が小さい頃にも会ったことがあるんですよ」。ここで同席した同館の名誉館長を務める伝統河内音頭継承者の河内家菊水丸(53)が、くるよのおなかをパーン!とたたくギャグについて「横綱北の湖に由来するんです」と名調子で紹介したが、これにくるよが「うん?ちょっと待って…う~ん、だいぶ昔やな…知らん!」と否定。あくまで「薄いドレス着て舞台に出た時にたたいたら、ええ音鳴って、ドーヒャーでウケたんよ」とオリジナルだと主張した。

 相撲に造詣が深い菊水丸が「いやいや師匠、NHKの慈善相撲に出て、そう言うてはりましたよ」「完全に忘れてます?」と3度問うても、くるよは「そうかなあ…知らん」と押し問答が続き、会見場は爆笑に。司会のお笑いコンビ・シンクタンクが報道陣に「横綱北の湖が発祥にしといてもらえませんか。『くるよボケた』と書いたらダメですよ」とお願いしていた。

 同館では7月から月1公演「けはや座お笑い道場」が上演され、尻相撲大会も開催される。菊水丸から出場を求められたくるよは、こちらは「いいよ。勝てる!」と快諾していた。

最終更新:6月29日(水)18時14分

デイリースポーツ