ここから本文です

女優パク・シネ、「ドクターズ」で初の医者役を好演

WoW!Korea 6月29日(水)19時30分配信

女優パク・シネが、初めての医者役を完ぺきにこなし、「信じてみる俳優」であることを再度証明した。

パク・シネのプロフィールと写真

 パク・シネは、SBSの月火ドラマ「ドクターズ」で反抗児から神経外科のフェローになったユ・ヘジョン役を熱演している。心に決めたことは何としてもやり遂げるという根性の持ち主で、喧嘩なら喧嘩、勉強なら勉強となんでもうまくやるというのが特徴だ。

 IQは156。一つのことに没頭する気持ちで数学の勉強に邁進した結果、初めての数学試験で1位になった。これがヘジョンとソウ(イ・ソンギョン)の仲が悪くなるきっかけになったが、ヘジョンの医者の資質が十分だということを見せる事件でもあった。

 父親の再婚後、心を閉ざしたヘジョンは事件や事故に巻き込まれて問題児のレッテルを貼られた。そのためパク・シネは12時間を越すアクションシーンを演じ、先生と父親になぐられる演技をしなければならなかった。人前では強がっているが、涙を堪えることもできないほどのヘジョンの心の傷は、パク・シネの纎細な感性と表情を通じていっそう深く描かれ、これが視聴者の熱い反応につながった。

 特に祖母と一緒の場面でパク・シネが見せた鮮やかなほほ笑みと熱い涙は、このドラマに和やかさを加え、視聴させる原動力となった。そして13年後、完全に変わった医者ユ・ヘジョンを期待させた。

 パク・シネは、このドラマを通じて医者のキャラクターに初めてチャレンジした。難しく膨大な医療用語、努力が必要な手術シーンなど与えられた課題の量はたいへんなものであったが、パク・シネは早くも見事に演じ、視聴者の好評を得ている。

 中でも自分に不躾な視線で接するチョン・ユンド(ユン・ギュンサン)との対立シーンで見せた強気な姿勢は、医者ユ・ヘジョンをいっそう信頼させる契機となった。ここに教授として帰って来たホン・ジホン(キム・レウォン)とのロマンスは、どんなドラマより興味深く、ときめくような気分を満喫させた。

 今後ユ・ヘジョンは、病院での祖母の医療事故の真実を糾明していく。そして同時に、ホン・ジホンとともに医者としての使命も果すことと期待される。パク・シネのチャレンジによる「ドクターズ」が今後どのくらい上昇気流に乗るかも関心事のひとつだ。

最終更新:6月29日(水)19時30分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。