ここから本文です

山田孝之、本郷奏多、白石麻衣ら「闇金ウシジマくん」会見にキャスト14名集結

映画ナタリー 6月29日(水)18時2分配信

本日6月29日、「闇金ウシジマくん Part3」「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」のキャスト発表会見が東京・グランドハイアット東京で行われ、主演の山田孝之をはじめ総勢14名の出演者と監督の山口雅俊が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

会見には「闇金ウシジマくん Part3」新キャストの本郷奏多、白石麻衣(乃木坂46)、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、筧美和子、浜野謙太、「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」新キャストの安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗、狩野見恭兵、玉城ティナ、2作ともに出演する最上もが(でんぱ組.inc)、レギュラーキャストの崎本大海、やべきょうすけが出席。シリーズを通して主人公・丑嶋を演じてきた山田は「これだけのスターキャストを後先考えずに集めてしまい、なんとか皆さんのギャラを払うため映画をヒットさせなければという気持ちでいっぱい」と思い詰めたような表情で笑いを誘い、さらに「この会見もしっかり成功させなければということで、3日間のリハーサルをしました」と大げさに語った。

登壇者への質問コーナーでは、やべが司会進行役に。「演じた役と自身の違いは?」という質問に、まずは「闇金ウシジマくん Part3」でネットビジネスにハマっていく若者・沢村真司を演じた本郷が回答。「『ウシジマくん』に出てくるキャラって強烈で根っから悪いやつが多いけど、僕が演じたのは根がすごくいい子。僕も嫌なやつに見られることが多いけど根はすごくいい人。だからそこが似ています」とけろりと言ってのけると、本郷と同じ事務所の山田は「弊社イチオシの俳優でございます!」と後輩を売り込んでみせる。

「Part3」のヒロイン・麻生りな役の白石は、乃木坂46として出演した「NHK紅白歌合戦」の記者会見と撮影初日が被ってしまい、「(撮影を)1回抜けてまた戻ってきました。気持ちを切り替えなきゃいけないので自分との闘いでした」と述懐。同じく「Part3」でフリーエージェント業界のカリスマ・天生翔を演じた浜野は「初めてのベッドシーンがあり、役者の腕が鳴るな、何しよっかなあ?と思っていたんですけど、監督のディレクションが変態すぎて……。『犬になりきってください』って手錠されたり。ただ舐めることしかできなかった」と撮影エピソードを明かす。

「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」に登場する凶悪な鰐戸三兄弟の三男・三蔵を演じる間宮は、完成に約2時間を要する特殊メイクを施して撮影に挑んだ。間宮は「現場にみんなより先に入って、撮影が終わるとメイクさんたちと自分以外もう誰もいない。だから僕の素顔を知らないスタッフさんやキャストに顔を覚えられていないのでは?」と心配そうな素振りを見せ、「(素顔は)こんな感じです。よろしくお願いします!」と笑顔でアピール。

会見が盛り上がるにつれ、登壇者が多すぎるあまり収集がつかなくなり、やべが「1人ずつしゃべってください!」と嘆く場面も。また山口がたびたび話に割って入ろうとするため、最終的に登壇者たちから「監督、少し黙ってて!」とダメ出しの声が飛び交う。そんな山口は、シリーズ完結編となる劇場版2作について「今まで真鍋(昌平)さんの原作に立ち向かうつもりでやってきましたが、今回で原作を超えたかな」と自信たっぷりにコメント。そして劇場版2作を連続公開させることに関して「この戦略は山田くんの発案通り。僕は山田くんの右腕としてやらせていただきました」と謙虚に説明し、このアイデアをたたえた。

劇場版の公開に先駆け、テレビドラマ「闇金ウシジマくん Season3」がMBS・TBSほかにて7月より放送。「闇金ウシジマくん Part3」は9月22日、「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は10月22日より全国で上映される。





(c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん3」製作委員会 (c)2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

最終更新:6月29日(水)18時16分

映画ナタリー