ここから本文です

【ラジオNIKKEI賞】ブラックスピネル ラスト12・6秒で1馬身先着「追うごとに良くなっている」

東スポWeb 6月29日(水)19時39分配信

【ラジオNIKKEI賞(日曜=7月3日、福島芝1800メートル)注目馬29日最終追い切り:栗東】出世レース・白百合S優勝馬ブラックスピネルは、同厩の6歳馬トルストイ(500万下)を相手に坂路で。スタート地点では後ろから追いかける形だったが、すぐに馬体が合うとそのままの体勢でラスト1ハロン地点へ。2頭で呼吸を合わせて追い出されると、ゆったりとしたフォームで加速を開始。僚馬に徐々に差をつけ、1馬身抜け出たところがゴールだった(4ハロン52・3―12・6秒)。

 手綱を取った生野助手「追うごとに良くなっています」

 担当の浜田助手「いい動きだった」

 タニノギムレット産駒の大器、初タイトル奪取への準備は整った。

最終更新:6月29日(水)22時25分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]