ここから本文です

ヤクルト先発・原樹が右肩違和感で緊急降板 代わった徳山が逆転許す

デイリースポーツ 6月29日(水)19時1分配信

 「広島-ヤクルト」(29日、マツダスタジアム)

 ヤクルト先発のドラフト1位・原樹(東洋大)が三回途中で緊急降板した。球団は右肩の違和感を訴えたと発表した。

 原樹は二回まで一人の走者も許さない完全投球。しかし1-0の三回、先頭の松山に右前打、続く石原に左前打を浴びて一、二塁となったところで、高津投手コーチがマウンドへ。原樹はベンチに下がり、真中監督が交代を告げた。原樹はこれが13試合目の登板。ここまでの12試合で2勝7敗、防御率5・82の成績だった。

 代わって徳山がマウンドに上がったが、四球などで1死満塁となった後、菊池に右越え2点二塁打を浴びて逆転を許した。さらに2死二、三塁からルナに中前2点適時打を打たれ、この回4点を失った。

最終更新:6月29日(水)22時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]