ここから本文です

斎藤佑は五回途中、同点で降板 今季初勝利ならず 直球最速は142キロ

デイリースポーツ 6月29日(水)20時0分配信

 「日本ハム-西武」(29日、札幌ドーム)

 今季初先発した日本ハム・斎藤佑樹投手は同点で迎えた五回、2死一、二塁のピンチを招いて、マウンドを2番手の鍵谷に譲った。鍵谷が後続を断ち、勝ち負けに関係はなく、結局、4回2/3を5安打2失点で今季初勝利はならなかった。

 打線には二回、先制点をもらった。先頭の田中賢の中前打をきっかけに、杉谷の四球と、斎藤と“早大出身バッテリー”を組んだ「8番・捕手」の大嶋の死球で、2死満塁の先制機をつくると、1番の岡が一、二塁間を抜く、右前適時打を放ち、2者が生還。先制に成功した。

 今季7度目の登板となった斎藤はチームの7連勝がかかる大事な一戦で今季初先発に指名された。序盤の3回、スコアボードに「0」を並べ、吉井投手コーチも「8割真っすぐ。いいボールを投げているし、これくらい真っすぐで押してもいいということ。手元で微妙に動いているのも効果的だね。真っすぐは大胆に、変化球は低めに、ここまではうまくいっているよ」とコメントしていた。

 しかし、打順が一回りすると、雲行きが怪しくなった。四回1死走者なしからメヒア、浅村、栗山に3連打を浴び、2点を失った。さらに死球で1死一、二塁としたが、岡田を三ゴロ併殺に仕留めて、ここは何とか同点で切り抜けた。五回も先頭の永江に中前打、二盗を許して2死二塁から森に四球を与えたところで交代を告げられた。

 直球の最速は142キロ。ほとんどが130キロ台後半だった。

最終更新:6月29日(水)21時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]