ここから本文です

NTT-ATが顧客の情報が入った外付けHDDの紛失を発表 全入居エリアを一斉捜索するも発見できず

ねとらぼ 6月29日(水)16時51分配信

 NTTの子会社であるNTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、顧客の情報が入った外付けHDDを紛失したと発表・謝罪した。

【(NTT-ATのサイトより)】

 発表によると、5月27日の17時頃、同社サーバ室に保管していた外付けHDD2台の紛失が判明。当該サーバ室内の捜索とともに、全入居エリアを対象に一斉捜索を実施したが、現在まで発見されていない。同社は現在も引き続き捜索を行っているものの、6月6日警察に被害届を提出し受理されたという。

 紛失したHDDには同社が受注した90社の個別プロジェクト案件に関する情報が格納されていたことは確認したが、内容情報の完全な特定には至っていない。また、情報の不正利用や情報流出の事実も確認されていないという。

 同社は再発防止策として、情報セキュリティ対策強化チームを編成するほか、不要な情報の廃棄や社員へのセキュリティ教育を徹底するとしている。

最終更新:6月29日(水)16時51分

ねとらぼ