ここから本文です

ヒゲドライバー率いるロックバンド、初の全国流通盤でネット社会の暗部を切り取る

音楽ナタリー 6月29日(水)21時41分配信

ヒゲドライバーことシンゴ率いるロックバンド、ヒゲドライVANが本日6月29日に初の全国流通盤となるミニアルバム「インターネット・ノイローゼ」をリリースした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ヒゲドライVANは2013年にクラウドファンディングサイト・CAMPFIREで活動資金を調達して結成されたバンドで、メンバーはヒゲドライバーことシンゴ(Vo)、社長(G)、カズマ(B)、絢人(Dr)の4人。今回発表されたアルバムは、インターネット社会の暗い一面を過激な歌詞で表現した表題曲ほか6曲が収録される。

なお店舗別の購入者特典として、ヴィレッジヴァンガードではヒゲドライバーによるリミックスを収めたCD-Rを先着で配布。タワーレコードではヒゲドライバーがDJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a ゆよゆっぺ、Massive New Krewと共作した「ヒゲVAN'TEKINA New Krew」名義でのリミックスCD-Rがプレゼントされる。

ヒゲドライVAN「インターネット・ノイローゼ」収録曲
01. インターネット・ノイローゼ02. 余命03. 最高速から絶望04. スロードライブ05. 夏祭り06. 英雄論

最終更新:6月29日(水)21時41分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。