ここから本文です

広島・黒田、日米200勝に王手 走者一掃適時打は「二度とない」

デイリースポーツ 6月29日(水)21時30分配信

 「広島8-1ヤクルト」(29日、マツダスタジアム)

 広島が大勝でヤクルトに連勝。1984年に球団記録となる12連勝をマークして以来、実に32年ぶりとなる11連勝を飾った。先発の黒田博樹投手(41)が、7回3安打1失点の熱投で6勝目。日米通算199勝で、節目となる200勝の大偉業に王手をかけた。

【写真】黒田が満塁走者一掃打!野手顔負けのスイング披露

 二回、山田の中越えソロで先制を許したが、三回に味方打線が一挙4点を奪って逆転。4-1の六回には、黒田が自ら左越えに走者一掃の二塁打を放ち、ダメ押しの3点を奪った。これが今季初安打、初タイムリー。ベテランの投打にわたる活躍で連勝をつないだ。

 お立ち台に立った黒田は、六回の走者一掃の二塁打には「もう二度とないと思います。(手応えは)最高でしたけど、その前にバントの失敗もしているし、反省するところは反省して、次につなげたいと思います」と謙虚に語った。ともにお立ち台に立った菊池は、黒田のバッティングの感想を求められ「もう二度とないですね~」と言って、ファンを沸かせた。

 黒田はこれで日米通算200勝に王手をかけた。「チームのことを思うと通過点だと思う。ただ、ファンのみなさんのたくさんの声援の前で勝てれば最高かなと思っています」と控えめに話すと、ファンから大きな声援が起こった。

 これで12球団トップの26度目の逆転勝利。“逆転の広島”が強さを見せ、貯金を今季最大の16に伸ばした。14日の西武戦(マツダ)で勝利して以降、破竹の快進撃が続く。チームは一丸で25年ぶりの頂点に向かっている。

最終更新:6月29日(水)21時39分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報