ここから本文です

桐谷健太、ハリウッドでプレミアデビュー “日米”ターザンが共演

オリコン 6月29日(水)5時0分配信

 俳優の桐谷健太が現地時間27日、米ロサンゼルス・ドルビー・シアターにて開催された映画『ターザン:REBORN』(7月30日公開)L.Aプレミアに出席。海外初のプレミアデビューを飾った。

【写真】『ターザン:REBORN』L.Aプレミアの模様

 会場は、本作をイメージしたジャングルの装飾が大規模に施され、ブラウンカーペットが敷き詰められた会場に集まった海外メディアはテレビ50台、スチール200媒体。およそ3000人のファンが会場を埋め尽くした。

 自身が吹き替えを務めるターザンのポーズなど、堂々としたパフォーマンスを披露した桐谷に、プレミアに招待されていた、アンジェリーナ・ジョリーの父親にして、世界的名優ジョン・ヴォイトも気になったようで、日本のクルーに「彼は誰だ?」と聞く場面も。

 前日のプレス取材で意気投合していた主演のアレクサンダー・スカルスガルドとも対面し、日米ターザンの共演が実現。スカルスガルドは「僕らは“ターザン2”を一緒にやるんだ。スウェーデンのターザン(※アレクサンダーはスウェーデン出身)と日本のターザンが一緒にね!」と笑顔でコメントしていた。

 貴重な体験の数々を終え大興奮の桐谷は「本当に華やかだし熱気がすごい。ハリウッドスターのアレクサンダーも気さく。貴重な体験ができて楽しかった」と充実した表情を見せ、「今度は日本映画を海外の人に見て欲しい」と自身も意気込んでいた。

 そのほか、ヒロインを務めるマーゴット・ロビー、ターザンの相棒を演じるサミュエル・L・ジャクソン、ターザン罠にはめる官使役のクリストフ・ヴァルツ、『ハリー・ポッター』シリーズの監督を務め、新しいターザンをつくり上げたデイビッド・イェーツ監督らが登場した。

最終更新:6月29日(水)5時0分

オリコン