ここから本文です

映画『ウシジマくん』追加キャスト発表 本郷奏多、白石麻衣、最上もが、安藤政信ら

オリコン 6月29日(水)16時1分配信

 今年秋に2ヶ月連続で公開される俳優の山田孝之(32)主演映画『闇金ウシジマくん』の追加キャストが29日、発表された。

【個別ショット】本郷奏多、白石麻衣ら新キャスト

 9月22日に公開される『闇金ウシジマくん Part3』では、フリーエージェント業界にハマってしまう若者を本郷奏多(25)、新人タレント・りな役を乃木坂46の白石麻衣(23)、キャバクラ大好きなサラリーマン役をオリエンタルラジオの藤森慎吾(33)、キャバクラ嬢役を筧美和子(22)、フリーエージェント業界のカリスマを浜野謙太(34)がそれぞれ演じる。

 1ヶ月後に公開となる『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(10月22日)には、山田が演じる丑嶋(うしじま)と対峙する鰐戸三兄弟の長男役に安藤政信(41)、次男役にYOUNG DAIS(34)、三男役に間宮祥太朗(23)を起用。また10代のウシジマをオーデションで起用された狩野見恭兵(17)、犀原茜の少女時代を玉城ティナ(18)。さらに両作にでんぱ組.incの最上もがが、カウカウファイナンスの受付・モネ役として登場する。

 同日、記者会見に出席した山田は、新キャストたちの中心に立ち、「皆さんのギャラを払うためにヒットさせたにといけない」と会場を笑わせた。キャバクラにハマり、不倫・二股をしてしまう“チャラ男”を演じた藤森は「女性にだらしない面では本来のチャラ男と共通する。やりがいのある役どころ」、キャバ嬢役の筧は「相手が藤森さんだったのでリラックスして臨めた」と振り返った。

 原作は、10日で5割という法外な金利をむしり取るヤミ金業者カウカウファイナンスと、そんなヤミ金業者に頼らざるをえない人々をリアルに描いた、真鍋昌平氏による人気漫画。これまで2010年、14年に深夜ドラマが放送され、12年、14年に劇場版が公開された。

 人気を博した同シリーズは、今年7月からの深夜ドラマ『闇金ウシジマくん Season3』、そして秋に2作連続で公開される映画『闇金ウシジマくん Part3』(9月22日公開)と『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(10月22日公開)をもってついに完結を迎える。

 会見には同シリーズのレギュラー陣のやべきょうすけ(42)、崎本大海(29)、メガフォンをとった山口雅俊監督も登壇した。

最終更新:6月30日(木)8時49分

オリコン