ここから本文です

有村架純、“とと姉ちゃん”高畑充希に「アドバイスもらえたら」

オリコン 6月29日(水)17時44分配信

 来春スタートするNHK連続テレビ小説第96作目『ひよっこ』のヒロインに決定した女優の有村架純(23)。今年1月期に放送されたドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)で共演した高畑充希(24)が、現在放送中の第94作目『とと姉ちゃん』で一足先にヒロインを演じている。『いつ恋』と平行して『とと姉ちゃん』の撮影もこなしていた高畑を目の当たりにしていた有村は「これからいろいろアドバイスがもらえたらいいな」と呼びかけた。

【会見写真】岡田氏とがっちり握手を交わす有村架純

 『いつ恋』の現場で有村は高畑について「朝ドラをやりながら月9もやって、という信じられないスケジュール。彼女もすごく一生懸命やられていたので、体調をすごく心配していた」と明かし、「でも充希ちゃんはとにかく現場が楽しいとおっしゃっていたので、どんなに体がつらくても現場が楽しければ乗りきれるのかな、と彼女を見て感じていました」。

 連続テレビ小説の出演歴でいえば、『あまちゃん』(2013年前期)に次いで2作目となるが、前回はヒロインの母・春子(小泉今日子)の若い頃を演じ、出演シーン自体はさほど多くはなかった。今度は「『あまちゃん』の時とは180度違う」ヒロインという大役にも「のびのびと楽しく演じられたら」と語っていたのは高畑の影響かもしれない。

 有村は「体力勝負だと思うので、いまもジムに通っていますが、トレーニングを続けて体づくりに励みたいと思います」と撮影に入るのが待ち遠しく感じている様子だった。

最終更新:6月29日(水)17時46分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。