ここから本文です

台湾出身「チェロの妖精」Nana、日本デビュー・リサイタルで16歳の誕生日祝う

デビュー 6月29日(水)23時2分配信

 アルバム『Nana15』が日本でも話題を集めた台湾出身の「チェロの妖精」Nanaが29日、東京・紀尾井ホールで『Nana デビュー・リサイタル』を行った。これは『Birthday Recital Tour in Asia』の一環で日本を訪れたもので、15日に16歳になったばかりのNanaをファンが祝福した。

【写真】Nana、日本デビュー・リサイタルの写真

 白のロングドレス姿でやや緊張した面持ちのNanaが登場。ピアノのティエンリン・チャンとともに『愛の言葉』を奏でリサイタルをスタート。メンデルスゾーンの『歌の翼に作品 34-2』『無言歌 ニ長調 作品 109』を演奏し終えると、緊張がほぐれたのか少女らしい笑顔を見せた。そして『タランテラ 作品23』の演奏で前半を締めた。

 真紅のドレスに着替えて迎えた後半は、『涙そうそう』や『赤とんぼ』などの日本の楽曲も演奏。そして情熱的な『リベルタンゴ』で本編を締めると、MCの時間に。まずは日本語で「みなさん、今日はデビューリサイタルに来てくれてありがとございます。これからもがんばります。また日本であいましょう」と真摯に挨拶。

 そして通訳を通じ「今日は東京での初めてのリサイタルで、緊張していたのですが、とても楽しめました。誕生日を迎えてのツアーであり、6月15日に誕生日を迎えてから9回目の公演です。今日は皆さん来てくれてありがとうございます」と応援してくれるファンに心からのメッセージを伝えた。

 「いまから演奏する曲は、私の年代の人はご存じないかもしれませんが、今日来ていただいた多くの方は知っている楽曲だと思います」と語り、「私にとっては大きな意味を持つ曲です」と伯母の欧陽菲菲のヒット曲『ラヴ・イズ・オーヴァー』を演奏した。

 アンコールでは久石譲メドレーとして『魔女の宅急便』『天空の城ラピュタ』のサントラからの楽曲を演奏。鳴り止まないカーテンコールに促されて登場したNanaは深々と一礼。最後には16歳らしい笑顔を見せてステージを去った。

最終更新:6月30日(木)12時34分

デビュー