ここから本文です

【GOLF】J.デイもリオ五輪辞退を表明 全体で11人目に

ISM 6月29日(水)11時33分配信

 世界ランキングNo.1のジェイソン・デイ(豪)が現地時間28日、リオデジャネイロ五輪出場を辞退すると表明した。

 今季米ツアーで3勝をマークしているデイは「この決断の唯一の理由はジカ熱の伝染だ。妻が将来的に妊娠する時に、潜在的なリスクになる」と声明の中で辞退に至った経緯を説明。昨年11月には二人目となる子どもを授かっているが「人生において、家族は何よりも大切なものだ」と話した。

 23日には、世界No.4のローリー・マキロイ(北アイルランド)もジカ熱の影響を懸念して辞退を表明。豪州代表ではすでに、アダム・スコットとマーク・リーシュマンも欠場を決めており、全体で11人目の辞退者となった。これにより、同代表の1番手は75位のスコット・ヘンド、2番手は81位のマーカス・フレイザーとなっている。

 リオデジャネイロ五輪への出場選手は、7月11日に決定する。

最終更新:6月29日(水)11時33分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]