ここから本文です

銀座のど真ん中で“爆音”フェス、開催決定

BARKS 6月29日(水)10時30分配信

本年も<シネ・ロック・フェスティバル2016>の開催が発表された。今年のシネロックはかなりヤバイ内容だ。

◆<シネ・ロック・フェスティバル2016>関連画像

ロックの殿堂入りアーティストによる選りすぐりのライヴ映像、ドキュメンタリー映画、そしてロックな映画を映画館でたっぷり楽しもうと言う<シネ・ロック・フェスティバル2016>だが、ポール、クイーン、プリンス、デヴィット・ボウイ、清志郎…と今年も名だたるスーパースターたちの20本以上の超貴重映像を2週間にわたって一挙上映となる。

涼しい映画館でロックフェスが熱く楽しめる当イベントだが、最新のデジタル技術でリマスターされた映像やそのサウンドは、あたかもライヴ会場最前列にいるかのような臨場感で、スーパースターの幻のライヴを堪能することができるものだ。今年は<爆音映画祭>とのコラボイベント“爆音DAY”が7月29日(金)、30日(土)、31日(日)に設定されており、20本以上のラインナップから厳選された15本が爆音上映される。野外の夏フェスを吹き飛ばす、爆音祭りの開催だ。また昨年は海外アーティスト限定のフェスだったが、今年は国内のレジェンドたちもラインナップされた。

<シネ・ロック・フェスティバル2016”オープニング記念イベント「アイ・ソー・ザ・ライト」日本最速先行上映& ピーター・バラカン×萩原 健太トークショー>
2016年7月23日(土)
@丸の内ピカデリー3
12:30開始(15:40頃終了予定)
・ピーター・バラカン×萩原健太トークショー
・「アイ・ソー・ザ・ライト」上映 http://isawthelight-movie.com/
・オープニング記念イベント参加の方全員に『アイ・ソー・ザ・ライト』US版ポスターをプレゼント。
※<シネ・ロック・フェスティバル2016>の開催を記念し、ピーター・バラカンと萩原健太が、オープニング作品「アイ・ソー・ザ・ライト」、また<シネ・ロック・フェスティバル2016>の豪華なラインナップの見どころや魅力を語ります。
※イベント入場券は7/1(金)18時より、丸の内ピカデリー、ローソンチケットにて発売開始
丸の内ピカデリー http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
ローソンチケット http://l-tike.com/c-rock/ (Lコード:73078)
※2300円(税込) 全席座席指定/売り切れ次第終了
※丸の内ピカデリー劇場窓口、全国Loppi端末でもご購入可能

<シネ・ロック・フェスティバル2016“爆音DAY”>
2016年7月29日(金)、30日(土)、31日(日)の3日間
@丸の内ピカデリー3
爆音DAY作品 各作品2,500円(税込)
爆音映画祭徹底監修による豪華ラインナップ15作品全てを、boid 樋口泰人が爆音調整。銀座のど真ん中で“爆音上映”を楽しめるまたとない貴重なチャンス。
※爆音入場券は7月1日(金)18時より、丸の内ピカデリー、ローソンチケットにて発売開始
丸の内ピカデリー http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
ローソンチケット http://l-tike.com/cinerock-fes/ (Lコード:72199)
※爆音ラインナップ15本は決定次第公式サイトにて発表
※全席座席指定/売り切れ次第終了
※丸の内ピカデリー劇場窓口、全国Loppi端末でもご購入可能

<シネ・ロック・フェスティバル2016>
2016年7月23日(土)~8月5日(金)
@丸の内ピカデリー3(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館5F TEL:03-3201-2881)
※名だたるスーパースターたちの20本以上の超貴重映像を一挙上映
※7月29日(金)、30日(土)、31日(日)は爆音DAYとなり、全作品爆音上映
※爆音での上映がない作品もございます
料金:各作品によって異なります
≪MOVIE≫
・アイ・ソー・ザ・ライト
・ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
・ストレイト・アウタ・コンプトン
・セッション
・ピンク・フロイド/ザ・ウォール
・プリンス/パープル・レイン
≪LIVE DOCUMENTARY/DOCUMENTARY≫
・12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライヴ
・エリック・クラプトン/プレーンズ・トレインズ・アンド・エリック~ジャパン・ツアー2014
・スコーピオンズ フォーエヴァー・アンド・ア・デイ
・T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー
・デヴィッド・ボウイ・イズ
・ニール・ヤング ジャーニーズ
・ポール・マッカートニー&ウイングス/ロックショウ
・忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー~感度サイコー!!!~
・ブランキー・ジェット・シティ/VANISHING POINT
・ミッシェル・ガン・エレファント “THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-
・矢沢永吉/E.YAZAWA ROCK
≪LIVE≫
・KISS ロックス・ヴェガス
・クイーン・ロック・モントリオール 1981
・シガー・ロス インニイ
・トーキング・ヘッズ/ストップ・メイキング・センス
※上映スケジュール等は公式サイトcinerockfes.comにて決定次第発表

最終更新:6月29日(水)10時30分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。