ここから本文です

ヘンリー王子、コールドプレイのパフォーマンスに参加

BARKS 6月30日(木)10時49分配信

火曜日(6月28日)、英国ケンジントン宮殿でチャリティー・コンサートが開かれ、これを企画したヘンリー王子がコールドプレイのパフォーマンスに参加し、バンドやアフリカの少年少女合唱団と一緒に歌った。

◆コールドプレイ画像

この公演は、ヘンリー王子がHIVや貧困に苦しむ子供たちを支援するチャリティー団体Sentebaleのために開催したもの。ステージに上がった王子は、まずはオーディエンスに「雨の中、ありがとう」と感謝し、「合唱団のみんな、レソト(アフリカ)から遠い道のりを来てくれてありがとう。気をつけて帰って欲しい。そしてSentebaleの活動を続けて欲しい。コールドプレイ、ありがとう。君たちは宮殿を揺るがした!」と話したという。

ヘンリー王子は、ラストの「Up&Up」のパフォーマンスに参加したが、合唱団の後ろに立ち、残念ながら、マイクを持つことはなかったそうだ。

ロイヤル・ファミリーが暮らすケンジントン宮殿の敷地内で大規模なポップ・コンサート(3,000人収容)が開かれるのは、これが初めてだった。コンサートにはコールドプレイのほか、ジョス・ストーン、ローラ・マヴ―ラらが出演した。

Ako Suzuki

最終更新:6月30日(木)10時49分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。