ここから本文です

Facebookがあなたの友人の命を救う 自殺防止ツールの利用が可能に

BuzzFeed Japan 6/29(水) 9:00配信

Facebookが米国で試験運用していた「自殺防止ツール」が、6月29日、日本でも利用できるようになった。

自分の「友だち」が自傷行為や自殺をほのめかす投稿をしていた場合に、その投稿の右上にあるドロップダウンメニューからFacebookに通報できる。自分の名前は相手に知らされない。

通報相手のフィードには、Facebookが専門家の協力を得て作成したヘルプメニューが表示される。信頼できる友だちやヘルプラインに相談するよう促したり、専門家によるアドバイスを案内したりする。

Facebookは社内に専門チームを設け、ユーザーからの報告を24時間年中無休で確認する。深刻な場合には優先的に対応し、その人をサポートできる情報を伝えるという。

Facebookの自殺防止ツールは、米国で開発された。自殺を防ごうと活動する団体、Forefront、Lifeline、Save.orgや、自傷・自殺行為の経験があるユーザーの協力を得た。

日本で提供するにあたり、一般社団法人「日本いのちの電話連盟」、特定非営利活動法人「国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター」が協力した。

Facebookのプロダクトマネージャーであるヴァネッサ・カリソン=バーチ氏はBuzzFeed Newsの取材に「米国などでは、このツールを活用したユーザーや専門家から、高い評価を得ている」と手応えを語った。

この自殺防止ツールは、他ユーザーからの通報で機能する。人工知能やビッグデータを活用すれば、投稿内容から、通報がなくとも自殺の恐れがあるユーザーにヘルプメニューを表示することもできそうだ。

カリソン=バーチ氏はその可能性を肯定も否定もせず、こう言った。

「このような場面においては、書き込みの文脈が重要だと考えている。家族や友人、その人を最も知る立場にある人から共有してもらう仕組みになっている」

Facebookを通じて、あなたが「友だち」の命を救う、もしくは、救われる日が来るかもしれない。

最終更新:6/29(水) 9:00

BuzzFeed Japan