ここから本文です

「パト鬼」少年5人捕まる 逃走しながら警察挑発 「スリル味わいたかった」 /千葉

千葉日報オンライン 6/29(水) 11:02配信

 「パト鬼」と称し昨年末ごろからパトカーへの挑発を繰り返したなどとして、千葉県警交通捜査課と船橋東署は28日、道交法違反(共同危険行為)などの疑いで、いずれも船橋市内の16歳の少年5人を逮捕し、うち1人を千葉地検に書類送検したと発表した。5人はいずれも容疑を認め「スリルを味わいたかった」などと供述しているという。

 いずれも無職の少年2人は公務執行妨害と器物損壊容疑でも、型枠大工少年は無免許運転容疑でもそれぞれ逮捕された。

 5人の逮捕容疑はことし2月24日午前3時~同10分ごろまでの間、ミニバイク3台に分乗して船橋市内を反復走行したり県道で約2・2キロを集団暴走した疑い。無職少年2人は同日午前5時15分ごろ、船橋市南三咲の市道で鎌ケ谷署のパトカーから逃走しながら石のようなものを投げてパトカーを壊した疑い。

 同課によると、5人は同じ中学の同級生で、昨年末ごろから「パト鬼」と称し、無料通信アプリLINE(ライン)で仲間に呼び掛け、ミニバイクでパトカーから逃げ回りながら石や瓶、鉄パイプなどをパトカーに投げ付けるなど、これまでに約10回の挑発行為を繰り返した。鎌ケ谷署のほか船橋東署のパトカーも被害に遭っているという。

 県警ではことし3月22日から今月24日まで、95日間捜査。パトカーのドライブレコーダーの解析や周辺への聞き込みを重ね5人の自宅などを割り出した。書類送検された1人を除く4人は現在、千葉家裁の審判を受けている。

 同課によると、共同危険行為などを行う県内のグループとして、今回の5人を除き、昨年末現在で県内65人、二輪車40台、10グループを確認しているという。

最終更新:6/29(水) 11:13

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革